射出成形はどんな時に必要なのだろうか?

射出成形の仕組みを理解しよう

射出成形の仕組みはそれほど複雑ではありません。基本的にはプラスチックのような材料を熱して液状にし、それを金属で作られたひな形に注ぐだけだからです。ただし、それを冷やして形を成すところまで含めることが一般的です。そう言われると、単なる金属加工と何が違うのか分からない人もいるでしょう。

注射のような機材で注ぐことからこの名称が付いています。最初に行うのは材料を入れる口に樹脂を流し込むことです。シリンダー内で温められて初めて液状となり、そのうえで射出の準備を行うことがポイントです。成形する箇所に流し込むときは分岐を経て管理を通っていきます。

このような仕組みが射出成形の中枢となっていますが、材料が固まってからの処置も重要です。成形後に排出する作業に適切につなげなければなりません。そこまで無事に終了したら、仕上げの加工というステップに移っていきます。また、複数の製品を一括で造ることもよくあり、その場合の条件は液状の材料を均等に流すことです。

それを可能にするには、緻密に設計された金型を使わなければなりません。以上の工程が正しく遂行されるには、射出成形の仕組みが正しく機能する必要があります。また、大量生産に適しているとはいえ、材料の選択などに間違いがあれば十分な成果を発揮できます。高い加工の精度を実現するには、射出の温度やスピードも十分に検討したほうが良いでしょう。

総合的にクオリティを上げていく視点が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です