射出成形はどんな時に必要なのだろうか?

射出成形の仕組みとは

射出成形の仕組みは非常に簡単であり、あらかじめ用意された型枠の中に溶かした金属を流し込むことでその形状を実現するものとなっています。一般的にこの方法はプラスチック製品などを利用する際にも用いられるものとなっており、繊細の形状を緻密に実現することができるほか、その加工にかかる時間を短縮するためにも非常に有効なものとなっているのが特徴です。射出成形を行う際には金属を溶解しなければならないため、その仕組みを整えることが非常に重要なポイントとなります。さらに金属は高温で溶解をすることができるのですが、これに時間がかかってしまうと流れ出た部分が再び固まってしまうと言う問題を生じるため、基本的には短時間で溶解し一気に射出すると言う仕組みを整えなければなりません。

これに利用するのがコイルなどを利用した渦電流による溶解射出方法です。コイル上の部品に電流を流すことによって磁力が発生し、この重力により金属の内部に熱が発生するため急速に金属が溶解することになります。この金属を型枠に一気に射出することで型枠に金属が充電され、これが冷えることによって型枠に沿った形での整形が実現できることになります。このような一気に金属を溶解し射出する仕組みを整えることによって実現することができるものであるため、非常に高度な仕組みを用意しなければなりません。

射出成形を利用することで、これまでの加工方法では実現することができなかった繊細な形状を実現することができます。そのため、現在では非常に多くの場面で利用されるものとなっているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です