射出成形はどんな時に必要なのだろうか?

切削加工の優れた特徴について

切削加工とは工具を使って金属や木材などから目的の形状を得るための技術で、フライス加工と旋盤加工が代表的です。大工が鉋やノミを使い人力で木材を削るのも一種の切削加工ですが、製造業の現場では機械による加工が広く行われています。切削加工には工作物を固定して工具を回転させる方法と、工具を固定して工作物を回転させる方法が存在します。前者の代表的な方法がフライス加工であり汎用フライスやNCフライス、マシニングセンタやNC歯車加工機などの機械が使われています。

旋盤加工は後者の代表的な方法で、汎用旋盤やNC旋盤を使い金属や木材を加工します。切削加工は複雑な形状のものも作ることができ、完成品の制度が非常に高いという特徴があります。NCフライスやNC旋盤のNCとはNumericalControlを省略したもので、加工条件がコンピュータによって自動的に制御されます。汎用フライスや汎用旋盤はスタッフが手動で操作するため、高品質な製品を作ることが可能ですが一定の技術力が必要になります。

NCフライスやNC旋盤はコンピュータによる数値制御が行われており、初心者でも高品質な製品を安定して製造できるという特徴が存在します。初心者が熟練のスタッフになるまでは、何度も失敗しなければならず材料を無駄にしてしまいます、また手動で機械を操作する場合には製品が完成するまで時間がかかるので大量生産ができません。コンピュータは数値制御を行うタイプを行う機械は、短時間で効率的に加工ができるため大量生産が可能という特徴もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です