射出成形はどんな時に必要なのだろうか?

ドリルや旋盤を使った切削加工の特徴とは

切削加工は何らかの素材を切ったり削ったりして、形を作っていく方法です。基本的にはひとつの素材から、ひとつの形を作り出していきます。その際には金属やダイヤモンドでできた、ドリルや旋盤を使用します。そのドリルや旋盤が耐えられる限り、幅広い素材に対応できるので、金属を加工する際に用いられることが多いです。

そんな切削加工を行う場合、回転するドリルや旋盤を素材に当てるか、素材そのものを回転させて歯に当てるかのどちらかとなります。素材そのものを回転させた場合、円柱状に加工されるという特徴があるため、目的に応じて使い分けられます。そんな切削加工を請け負っているところで、設備が整っている場合は、ひと通りの加工に対応できます。必要なのは十分な大きさの素材程度です。

特殊な下準備をしたり、別の道具を用意したりすることはまずないのが大きな特徴です。したがってコストの大部分を占めるのは、素材と技術料程度です。そして切削加工の大きな特徴と言えるのは、精度の高さです。使用する刃や加える力加減によって、幅広い形状を正確に作ることができます。

また従来の切削加工といえば、職人の手によって微調整を行い、精度の高い形を作るのが主流でした。その場合はひとつの形を仕上げるために時間が掛かるため、量産には不向きです。けれど現代ではコンピュータによって、全自動で加工できる機械があります。よほど複雑な形状でなければ、その機械を稼働させ続けて、量産することも不可能ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です