射出成形はどんな時に必要なのだろうか?

切削加工の特徴をチェック

金属を加工することで、品質の高い製品を作ることができます。金属や樹脂などの材料から作りますが、材質によって、硬さの違いや金属の場合サビやすい材質などもあるため、その特徴を知り、加工をする場合にはその金属にあった条件で切削加工をしていく必要があります。ステンレスや鉄などの場合でも、ステンレスよりも鉄のほうがやわらかいため、NC旋盤などでの加工では回転数や加工時の速度的な面でかなりの違いがでてきます。切削条件があっていれば、加工しているチップに対しても負担が少なく、多くの材料の加工ができるため材料の材質、そして切削加工をするならきちんと適した条件を把握することが重要です。

また、NC旋盤での切削加工の特徴として、材料を回転させそこに加工する刃物であるチップを押し当てる形で加工していきます。この時、摩擦による熱が発生するためその熱を冷ましながら加工を行う必要があります。切削油という油をかけながら加工をすることになりますが、この切削油がしっかり材料にあたっていないと、加工しているチップに対してのダメージが大きくなる、材料自体もきちんとした寸法がでない、仕上がりが荒いなどいろいろと問題が生じてしまう可能性があるため、このような特徴も踏まえたうえで、きちんとした加工を心がけることが大切です。NC旋盤での切削加工は、図面から判断して、計算を行いプログラムを組むことになりますが、このプログラムで打ち間違いなどをしてしまう、計算ミスをしてしまうと加工している機械を壊してしまう可能性もあるため注意してきちんとしたプログラムで加工することも重要だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です