射出成形はどんな時に必要なのだろうか?

射出成形機の構造と効果的な使い方について

射出成形機は金型に溶けたプラスチックなどの合成樹脂を注入し、冷やして目的の形状を得る装置です。この装置には様々なタイプがありますがコントローラーと射出部、型締め部という3つの部分で構成されている点は共通しています。コントローラーは加工条件を制御するための装置で、最近ではNC化されたものが多く見られます。NCとはNumericalControlを省略したもので、日本語では数値制御と呼ばれています。

コンピュータが内蔵されており成形速度や圧力、シリンダーや金型の温度など様々な加工条件を自動的に制御してくれます。射出部には材料を投入するホッパーと加熱して溶かすシリンダー、型締め部の金型に注入する噴射ノズルなどがあります。型締め部の金型には可動部分と固定部分があり、前者が後者に接近して材料に圧力を加えます。金型の内部では強い圧力が生じていて、型締め力が弱いとバリが発生してしまいます。

高品質な製品を作るには十分な型締め力のある金型を使い、バリの発生を抑える必要があります。効果的に射出成形機を使いたいのであれば、事前に型締め力が十分かどうかを確認するとよいでしょう。スタッフが手動で射出成形機を操作する場合には、能力によって製品の品質に差が現れます。しかし最近ではNC化された射出成形機が広く普及しており、コンピュータが自動的に加条件を制御します。

NC化された射出成形機を使えば、熟練の技術を持つスタッフでなくても高品質で均一な製品を作ることができます。射出成形のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です