射出成形はどんな時に必要なのだろうか?

射出成形は金型を使って合成樹脂を加工する技術です

射出成形は金型を使ってプラスチックなどの合成樹脂を加工する技術で、日常生活を支える様々な製品がこの技術によって作られています。例えばスマートフォンやパソコン、テレビや自動車などのプラスチック部品は射出成形で作られます。射出成形機は加工条件を制御するコントローラーの他に射出部、型締め部で構成されています。プラスチックなどの合成樹脂を射出部のホッパーに投入すると、シリンダーで加熱して溶かされ噴射ノズルから金型に注入されます。

金型には可動側と固定側があり、前者が後者に近づいて閉じることを型締めと呼びます。溶けた材料を金型内に充填して非常に強い圧力が発生するため、十分な型締め力がないとバリが生じて製品の品質が低下します。高品質な製品を作るには、圧力に耐える型締め力を備えた金型を用意しなければなりません。シリンダーで加熱して溶けた材料は、巡回するオイルや水で一定温度に保たれた金型に注入され圧力がかけられます。

材料はそのまま冷却されますが、冷たい温度で冷やされるわけではありません。金型内の冷却水は成形する素材に最適な20度から100度の温度に保たれています。材料は300度近い温度なので、100度でも十分に冷却して固化することが可能です。冷却によって成形品が固まり、取り出すために金型を開くことを型開きと呼びます。

可動側の金型が成形品と一緒に開き、ピンで押して取り出します。最近では加工条件がコンピュータで制御されており、複雑な形状の製品も効率的に作ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です