射出成形はどんな時に必要なのだろうか?

射出成形ならば効率的に合成樹脂を加工できます

プラスチックなどの合成樹脂を素早く大量に加工するための技術が射出成形です。この技術では金型に溶かした合成樹脂を注入し、固化・冷却して目的の形状を作りだします。射出成形機には様々なタイプがありますがコントローラーと射出部、型締め部で構成されている点は同じです。コントローラーは成形条件を制御するための装置で速度や圧力の他に、シリンダーや金型などの温度などを設定します。

最近ではNC制御されている射出成形機が主流となっており、初心者でも簡単に扱うことができます。NCとはNumericalControlのことで、日本語では数値制御と訳されています。コンピュータが内蔵されていて様々な成形条件を自動的に制御するので、効率的な加工が可能になります。射出部にはホッパーやシリンダー、噴射ノズルなどがあり材料を投入して溶かし金型に注入します。

金型は型締め部に装着されていて、可動側が固定側に接近して注入された材料に圧力を加えます。射出成形では材料を300度近くまで熱しますが、金型内には20度から100度のオイルや冷却水が循環しています。300度近い溶けた合成樹脂に圧力をかけながら、20度から100度のオイルや冷却水で冷やして固化し製品を製造します。この技術を使えば複雑な形状の製品も素早く大量に生産することが可能です。

スマートフォンやパソコンの他に、テレビや自動車など日常生活を支える様々なもののプラスチック部品はこの技術によって作られています。効率的な大量生産が可能なので製造コストが安くなり、高品質な製品を低価格で提供できるというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です