射出成形はどんな時に必要なのだろうか?

切削加工とはどんな作業なのか

物を作るときは、様々な作業が行われますが、切削加工を行う場面も多いものです。切削加工は、その名前の通り、道具を使って、金属や木材、さらにプラスチックなどの素材を切り削り加工していく方法です。その加工方法も単刃工具と多刃工具を使う方法があります。そして、それぞれの工具にも色々な種類があり用途に合わせて使い分けていくことになります。

切削加工の良いところは、基本的にどのような素材でも加工できるということです。精度や表面粗さについても、比較的自由に調整できるので、メリハリのある加工ができますし射出成形のように金型を使う必要がないので、初期も少なく、1個から大量まで幅広く対応することもできます。工作物を加熱することなく、加工できるのもメリットといえるでしょう。切りくずが発生するというデメリットはあるものの、バランスの良い加工法となっています。

加工の方法にも様々な種類があります。まず旋削加工の場合は、素材を回転させるのが特徴的です。回転させて素材に機械を削りとる方法でシャフトやピン、ボルトなどの作成に向いています。フライス加工と呼ばれる方法もありますが、これは旋削加工とは逆に素材ではなく機械を回転させて削り取っていきます。

このときは、フライス盤と呼ばれる多刃工具が使われています。さらに、切削加工では穴あけ加工も良く行われています。これは工具を回転させながら、素材に穴を開けて加工する方法です。穴を開けることになるので、ドリルのような工具が良く使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です