射出成形はどんな時に必要なのだろうか?

初心者が切削加工で高品質な製品を作るには

切削加工は工具を使って金属や木材などの素材を削り、目的の形状を得るための技術です。この技術には工具を回転させる方法と、工作物を回転させる方法の2種類が存在します。工具を回転させる代表的な方法がフライス加工で、回転軸にフライス盤と呼ばれる切削工具を装着します。フライス盤を回転させ固定した工作物に対して断続的に当てて切削加工を行います。

この方法だと工作物の表面を平面や曲面に加工できるだけでなく、穴開けや溝削りなども可能です。工作物を回転させて切削加工を行う代表的な方法は旋盤加工で、円筒形状の工作物にバイトと呼ばれる刃物状の工具を当てて削ります。外周を円形やテーパー状にしたり、穴開けなどの加工を容易に行うことができます。フライス加工や旋盤加工を手動の操作で行う機械は、汎用フライスや汎用旋盤と呼ばれます。

これらの機械の性能を最大限に発揮して切削加工を行うには、熟練の技術と経験が必要になります。精密で高品質な製品を作ることができるというメリットがありますが、高度な技術を習得するまでに時間が必要です。これらの機械は手動なので金属などを削る場合には製品が完成するまでに時間がかかり、材料の無駄も多く発生します。NCフライスやNC旋盤と呼ばれる機械は、コンピュータが内蔵されていて加工条件を自動的に制御します。

初心者でも均一で高品質な製品を効率的に作ることができ、材料の無駄も抑えることが可能です。NCとはNumericalControlを省略したもので、日本語では数値制御と翻訳されます。製造業を営む企業には一定以上の品質を備えた低価格な製品が求められており、多くの工場でコンピュータが内蔵されたタイプの機械が使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です